快でつながる健康自立ネットワーク


快医学ネットワーク
(通称快ネット)は、快医学の考え方である自然の法則を基礎とした、「快療法」のセルフケア講座を日本各地や海外で開催し、自分を癒し周りを癒し地球を癒す、「健康自立」の提案をしています。

私たちは、たとえからだに障害や病気があったとしても、「自分らしく、自分のこころとからだのリーダーシップをとり、互いにサポートし合い、自分の考えに自信を持って生きていく」ことを健康自立と考え、そのためにもっと生きやすい社会を作ろうと、さまざまな団体と情報交換をしたり、互いの活動をサポートし合ったりしています。

3.11東日本大震災以降は、被災地での健康回復の支援や、放射能被ばくから身を守るための相談活動、講座開催、保養・疎開の支援活動なども行っています。

5つの自然法則

 

内部被曝からいのちを守るセルフケア 〜 快医学 〜

2011年3月11日の東日本大震災を経て、私たちの生活環境は大きく変わってしまいました。地震と津波による甚大な被害、福島第一原発の事故による深刻な放射能汚染。この間私たち快医学ネットワークのメンバーは、こういう時こそ快医学が役に立つと考え、それぞれの地域で快医学を用いて、被災された方たちの支援を試みてきました。直後は宮城石巻、岩手大船渡、長野の栄村では、足湯や操体法、温熱の手当てに出かけていき、今も福島では内部被曝からいのちを守るための健康相談とセミナーを福島のメンバーを中心に継続的に行われています。さらに関東でホットスポットとなった東葛地域でも、健康相談が継続的に行われています。

残念ながら、近代医学は原爆被災から70年を過ぎた今でも、被爆者への有効な対処の方法を確立していません。快医学では、長年ガンや難病の方たちの健康相談を通して培ってきた経験から、温熱の手当や、食事法、操体法、尿療法などのセルフケアにより、免疫力を強化し、放射性物質を排泄し、傷ついた細胞を修復することが可能であることを実感しているため、そういった方法をひとりでも多くの方に伝えたいと願っています。

放射能による内部被曝は、これから先も長く続く問題です。内部被曝を最小限に抑えて、子どもたちの未来を明るいものにするために、おとなたちもイキイキと生活できるために、ぜひ、快医学を道具として身につけて、日々の生活の中で使っていってください。

そして、誰もが安心して暮らすことのできる社会を、原発や核や戦争のない、安全でここちよい社会を一緒に作っていきましょう。

「私達は、自己と地球の生命力(自然治癒力)の自在な活躍を願う人々と共に、自由対等な交流・総合扶助を通じて、医療のあり方を根本から変革することを目的に、 世界快医学ネットワークを設立しました。故・瓜生良介」
(1991年設立〜2005年にNPO法人化してNPO法人世界快ネットとなり、2012年NPO法人快医学ネットワークに改称しました。)

 

トピックス

快ネット主催 快医学世界大会In熊本 4月23日

4月23日(金)快医学世界大会in熊本   

時間:10時~19時30分

場所:癒しの森 ゆ~かむ

参加費:3000円

午前の部 世界各地で活動している快医学ネットワークの方たちの紹介(ネパール・タイ・アメリカ・コロンビア・メキシコなどからオンラインで参加)、

午後1部 症例検討会、活動報告

午後2部「福島と水俣」

高倉敦子さん「水俣に40年住むということ」

関久雄さん「詩と歌で10年目の福島を語る」

*交流会もあります

申し込み:我妻啓光/080-3127-1972/moosabaai2712@gmail.com

 

PAGETOP

Copyright NPO法人 快医学ネットワーク All Rights Reserved.